【やらないと損】モッピーでANAマイルを貯める方法>>

2020年最新!陸マイラー必須のTOKYU(東急)ルート完全版|ポイントサイトからANAマイルへの交換方法を図解付きで解説

TOKYUルート完全解説 ポイントサイト

2019年12月27日15:00に、陸マイラーの多くが利用していた『ソラチカルート』が終了しました。

理由は、LINEポイントからメトロポイントへのポイント交換サービスが終了したからです。

ソラチカルート閉鎖

そこで今回は、私たち陸マイラーが2020年以降、ポイントサイトで貯めたポイントをどうやってANAマイルに交換すべきかについて解説したいと思います。

2020年最新!ソラチカルートの代替案におすすめはTOKYU(東急)ルート

ANA TOKYUルート

ソラチカルートが閉鎖された場合、ポイントサイトからANAマイルへの交換方法は以下の2種類になります。

ANAマイルへの交換ルート
  • TOKYUルート:交換レート75%◀おすすめ
  • ニモカルート:交換レート70%

ANAマイルへの交換におすすめなのは『TOKYUルート』

TOKYUルート

TOKYUルートとは、以下のルートでANAマイルに交換するルートのことです。

各ポイントサイト⇒ドットマネー⇒TOKYUポイント⇒ANAマイル

TOKYUルートのメリットは以下の通りです。

TOKYUルートのメリット
  • 75%の交換率でANAマイルに交換できる
  • TOKYUポイントからANAマイルへの交換上限がない
  • 最短3週間でANAマイルに交換できる

ソラチカルートよりは交換レートが落ちますが、交換レートは75%と交換レートはまずまず。

ANAマイルへの交換が約3週間ほどで完了し、ポイント交換上限もほとんどないため、ソラチカルートの代替案としてはかなり優良です。

ニモカルートは利用できる人が限られている

ニモカルート

ニモカルートは交換までが約1週間程度と短期間でポイント交換ができるが魅力ですが、WEBからANAマイルに交換できません。

福岡・大分・熊本・函館にあるポイント交換機でしか交換ができないため、利用できる人がかなり限定されます。

そのため、ソラチカルート終了によるANAへの代替案を探している人は、TOKYUルートの利用がおすすめです。

まずは、TOKYUルートを新しく利用する場合、何を準備すべきか説明していくわね。

『TOKYUルート』準備編

TOKYUルートの準備

TOKYUルートは、以下のようにポイントを旋回させます。

TOKYUルート

各ポイントサイト⇒ドットマネー⇒TOKYUポイント⇒ANAマイル

重要なのは、ドットマネーとTOKYUポイントを経由させることです。

そのため、TOKYUルートを利用するなら、以下の準備が必要です。

TOKYUルートの準備
  1. ドットマネーに登録をする
  2. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行する
  3. ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード専用Web会員サービスに登録をする

1:ドットマネーに登録をする

ドットマネーに未登録なら、まずはドットマネーに登録をしておきましょう。

2:ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを発行する

ANA TOKYUカード

TOKYUポイントからANAマイルへの交換には、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードが必要になります。

なぜなら、TOKYUポイントをANAマイルに交換できるのは、数あるTOKYUカードの中でも上記のカードだけだからです。

ANATOKYUルート

そのため、『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』を持っていない人は、新たに発行する必要があります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの基本スペック
国際ブランドMaster
年会費2,000円(初年度無料
家族カード年会費1,000円
入会・継続ボーナスマイル1,000マイル

ポイントサイトにANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはあるの?

せっかく新たにANA TOKYUカードを作るなら、ポイントサイト経由で発行したいですよね。

2020年1月7日現在、ちょびリッチからの発行で700円分のポイントがもらえます。

TOKYUカードちょびリッチ

 

2020年1月7日で一旦ポイントサイト経由の発行は終了するようです!作るなら本日中に申し込みましょう。

▼ANA TOKYUカードを発行する▼

3・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード専用Web会員サービスに登録をする

ANATOKYUカードが届いたら、ANAマイルに交換するために、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード専用Web会員サービスにも忘れずにしておきましょう。

以下のリンクボタンから会員登録ができます。

マイ友プログラム利用でさらにお得にANAマイルが貯まる!

ポイントサイトからの発行以外にも、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの発行でANAマイルを貯める裏技があります。

それが、ANAの紹介制度『マイ友プログラム』の利用です。

初めてANAカードを発行する方は、既存のANA会員からの紹介でボーナスマイルがもらえます。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードも紹介プログラムの対象なので、通常のボーナスマイル1,000マイルに加えて500マイルがもらえます

マイ友プログラムの登録方法

マイ友プログラムの利用方法はとても簡単です。

ANAの公式サイトのマイ友プログラム申し込みサイトから、紹介番号と紹介者の名前を登録するだけです。

ANAの紹介者が周りにいない方は、以下の紹介番号をご利用ください。

マイ友プログラム紹介番号
  • 紹介番号:00023768
  • 氏名:サカモト ニナ

必ずANAカードの申し込み前にマイ友プログラムの申し込みをしてくださいね!

マイ友プログラム詳しい説明や利用方法については、以下の記事をご覧ください。

『TOKYUルート』を使ってANAマイルに交換する方法

ANA TOKYUルート

TOKYUルートを使って、ANAマイルに交換する方法は以下の通りです。

TOKYUルート

ポイントサイト⇒ドットマネー⇒TOKYUポイント⇒ANAマイル

1・各ポイントサイトからドットマネーにポイントを交換する

各ポイントサイトからドットマネーまでポイントを交換させましょう。

各ポイントサイトからの交換概要は以下の通りです。

ポイントサイト交換手数料交換日数最低交換pt交換上限
ハピタス無料約3営業日300円分月30,000円分
モッピー無料即時交換500円分月300,000円程度※
すぐたま無料即時交換500円分月15,000円分
ゲットマネー無料約4営業日500円分1回10,000円分
ちょびリッチ無料即時交換500円分1日30,000円分

※1日10,000ポイントまで

モッピーなら、交換上限がほぼなくドットマネーに即時交換ができるため非常に便利です。

交換上限を気にせずANAマイルを交換したい方は、モッピーに登録をしておきましょう。

モッピーポイントの貯め方を詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

モッピーキャンペーン1月

2・ドットマネーからTOKYUポイントに交換する

ドットマネーからTOKYUポイント

続いて、ドットマネーからTOKYUポイントにポイントを交換します。

TOKYUポイントへの交換概要
  • TOKYUポイントへの交換上限:月100,000円分まで
  • 交換レート:100%
  • 交換日数:15~30日前後

ドットマネーからTOKYUポイントへの交換方法は、以下の記事をご覧ください。

TOKYUポイントからANAマイルに交換する

TOKYUポイントからANAマイル

TOKYUポイントからANAマイルへ交換します。

ANAマイルへの交換概要
  • ANAマイルへの交換上限:なし
  • 最小交換額:1,000TOKYU pt
  • 交換レート:75%
  • 交換日数:1週間前後
  • ANAマイルへの効果にはTOKYUカードが必要

TOKYUポイントからANAマイルに交換する方法は、以下で詳しく説明しています。

TOKYUルートの交換レートが90%!?ハピタスのキャンペーンを利用せよ!

TOKYUルートを利用するにあたり、気になるのが『どのポイントサイトをメインで使うべきか』だと思います。

実は、陸マイラーに人気のポイントサイト『ハピタス』で現在キャンペーンを行っていて、なんと90%の交換レートでANAマイルに交換できます。

2020年1月6日までのキャンペーンですが、ハピタスゴールド会員限定で『ハピタス→ドットマネー→TOKYU』でドットマネーが20%増量します。

ゴールド会員にはどうしたらなれるの?

直近6ヵ月の広告利用有効回数が20回以上または獲得ポイント10,000pt以上のご利用が条件

ハピタスのゴールド会員になると、同じ案件でももらえるポイント還元率が上がるなど、お得な特典がつきます。

ネットショッピングなどをハピタス経由で使えば、ゴールド会員へのハードルは低いです。

TOKYUルートのキャンペーンは今後延長する可能性もあるので、登録がまだならこの機会にハピタスにも登録しておくことをおすすめします。

まとめ:ソラチカルート終了後はTOKYUルートがおすすめ!

2020年以降ポイントサイトを利用してANAマイルを貯めていくなら、TOKYUルートの利用が陸マイラーには必須となります。

TOKYUルートの特徴を復習しておきましょう。

TOKYUルートの特徴
  • 各ポイントサイトまでのポイント交換率が75%と高い
  • 最短3週間でANAマイルへ交換ができる
  • ポイント交換上限はほとんどない

ただし、TOKYUルートを利用するためには『ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード』が必要です。

ポイントサイトのちょびリッチからの発行で700円分のポイントがもらえるので、ポイントの取りこぼしの内容にしましょう。

▼ANA TOKYUカードを発行する▼

タイトルとURLをコピーしました