知らないと大損!ECナビのポイント交換を最もお得にする裏技、ANAマイル、Tポイント、現金への交換レートやお得度を徹底調査

ECナビのポイント交換先 ポイントサイト

「ECナビで貯めたポイントって何に交換するのが一番お得なの?

ECナビでポイントを貯めると、気になるのがポイントの交換先です。現金に換金したくなるかもしれませんが、でもちょっと待ってください!

ECナビの10ポイントは1円(別途手数料が必要)になりますが、交換先によっては1円分のポイントが10円以上の価値に変わるんです。

「10,000円分のポイントが100,000円の価値として利用できるなんて怪しい!?」

いいえそんなことはありません。

やり方さえ知っていれば誰でもできる交換方法なので、決して怪しくはありません。

ということで、今回は、知らないと大損!ECナビのポイントを最もお得に交換する方法についてご紹介したいと思います。

ECナビの基本情報
会社名株式会社VOYAGE GROUP
会員数600万人以上
手数料無料
最低交換金額3,000ポイント(300円分)
ポイントレート10ポイント=1円
ポイント交換先PeX(即時反映)
ポイント有効期限獲得月より1年過ぎると3か月ごとに失効
専用アプリあり(androidのみ)
年齢制限6歳以上
※16歳未満は保護者の同意が必須
家族の登録
登録時にもらえるポイント1,500ポイント(150円分)

ECナビは交換先がPeXしかない!?

ECナビとPeX

冒頭で最もお得に交換する方法と書いていますが、『ECナビ』のポイント交換先は、ポイント交換サイトの『PeX』しかありません。

ECナビとPeXの運営会社はグループ会社になり、ポイント交換はPeXを必ず経由させる必要があります。

PeXからの交換先は100か所以上あり、ECナビからPeXへの交換は手数料無料!リアルタイムで反映されます。

そのため、ECナビのポイント交換先は実質100か所以上あると考えてよいでしょう。

PeX経由が面倒って思うかもしれないけど、やってみると簡単よ♪すぐに反映されるから不便はないわ♪

ということで、ECナビで貯めたポイントを、PeX経由で何に交換するのが一番お得なのかについて次章からは詳しく説明していきます。

▽ECナビの登録は公式サイトから▽

ECナビ(PeX)のポイント交換は一番どこがお得!?

PeXからのポイント交換

結論から書くと、ECナビのポイントは、以下の2つへのポイント交換が最もお得になります。

  1. ANAのマイル(特典航空券で利用)
  2. Tポイント(ウェル活で利用)

飛行機を使って旅行に行く機会がある人は、ANAマイルへの交換が最もお得です。必ずポイント交換先の候補にいれましょう。

ANAマイルには興味がない人は、『ウェルシア』や『ハックドラッグ』でお得に利用できるTポイントへの交換がおすすめです。

ただし、ECナビからANAマイルへの交換方法は裏技を使うため複雑。

Tポイントをお得に利用するのも、利用方法がやや複雑です。

初心者でもわかるように、簡単にポイント交換方法について次章から説明していくから安心してね♪

ECナビ11月キャンペーン▽ECナビの登録は公式サイトから▽

1円分のポイント=10円以上の価値に!一番お得なポイント交換先は『ANAマイル』

ANAマイルへの交換がお得

ANAマイルに交換といっても、PeXから直接ANAマイルに交換してはいけません

PeXからANAマイルへ直接交換すると、交換レートは30%なので損をしてしまいます。

では、どうやって交換したらANAマイルにお得に交換することができるのでしょうか。

『ソラチカルート』ならANAマイルへの交換レートが81%になる

ECナビのソラチカルート

※ソラチカルートは2019年12月27日で閉鎖します。詳しは関連記事【【悲報】ソラチカルート終了のお知らせ:今後の陸マイラーが利用すべきANAマイルへの新ルートを完全解説】をご覧ください。

ECナビのポイントは、以下の『ソラチカルート』と呼ばれるルートでANAマイルへと交換するのが一番お得です。

ソラチカルート

ECナビ→PeX→ワールドプレゼント(VISA)→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル

ソラチカルートを利用してANAマイルに交換した場合、交換レートは81%

例えば、ECナビのポイントが100,000ポイント(10,000円分)あった場合、8,100ANAマイルに交換することができます。

マイルを貯めている人ならわかると思いますが、飛行機で8,100マイルを貯めるはかなり大変です。

カード決済でANAマイルを貯めるのも、一般カードの場合1%ほどの還元率なので8,100ANAマイルを貯めるためには約810,000円もの決済が必要になります。

海外旅行に行けるくらいマイルを貯めるのってハードルが高すぎるわ…。

でも、ECナビなら8,100マイルに交換できる10,000円分のポイントはあっという間に貯められます。

クレジットカード発行やモニター案件をこなせば、10,000円のポイントは簡単に貯められるわね♪

ANAのマイルを特典航空券に交換した場合、時期や座席クラスによっては価値は1マイル=10円以上の価値になります。

ECナビで貯めたポイントをANAマイルに交換して、ファーストクラスでハワイに行くのだって夢じゃありません

注意:ANAマイルへの交換には2枚のクレジットカードが必要

ソラチカルート

ソラチカルートを利用するためには、ポイント交換のために『三井住友VISAカード』と『ソラチカカード』が必要になります。

三井住友VISAカードには年会費無料のものもありますが、ソラチカカードは年会費が初年度無料、2年目以降は2,000円(税別)かかります。

ただし、ソラチカカードは更新のたびに1,000ANAマイルがもらえます。ANAマイルを貯めている人は作っておいて損はないでしょう。

ECナビからANAマイルに交換する方法は、以下の記事で詳しく解説しています。参考にしてみてくださいね。

マイルには興味がない人には、次に紹介するTポイントへの交換がおすすめよ!

▽ECナビの登録は公式サイトから▽

ウェル活で1円分のポイント=1.5円!Tポイントへの交換もおすすめ

Tポイントでウェル活がお得

ウェル活』という言葉をご存知ですか?

【ウェル活とは】
ウェルシアホールディングスのドラッグストアで、Tポイントを使って毎月20日にお得にお買い物をする活動のこと。

ウェルシアホールディングスのドラッグストアには、『ウェルシア薬局』や『ハックドラッグ』などがありますが、毎月20日のお客様感謝デーはTポイントが1ポイント=1.5円として利用できます。

つまり、ECナビのポイントをTポイントに交換してウェル活で使えば、1円分のポイントが1.5円の価値になります。

Tポイントで支払った場合の一例
  • 200Tポイント使用⇒300円分買える⇒100円お得
  • 500Tポイント使用⇒750円分買える⇒250円お得
  • 1,000Tポイント使用⇒1,500円分買える⇒500円お得
  • 3,000Tポイント使用⇒4,500円分買える⇒1,500円お得
  • 5,000Tポイント使用⇒7,500円分買える⇒2,500円お得
  • 10,000Tポイント使用⇒15,000円分買える⇒5,000円お得

Tポイントで全額支払った場合は、実質約33%割引に!かなりお得にお買い物ができます。

ECナビからTポイントへの交換方法については、以下で詳しく解説しています。

ウェル活のやり方

ウェル活

ウェル活のやり方はとっても簡単です。

ウェル活の方法
  1. ECナビのポイントをTポイントに交換する
  2. 20日のお客様感謝デーでいつものようにお買い物
  3. お会計時にTポイントで支払う

以上の3ステップで、約33%引きでお買い物ができます。

ウェルシア薬局やハックドラッグには、日用品から食品、ベビー用品まで幅広く商品がそろっています。

タバコなど一部対象外の商品もありますが、ほとんどの商品がウェル活対象商品。

私は洗剤などの日用品や、いつもは割引対象外の化粧品などを毎月20日に買い込んでいますが、かなりの節約になっています。

以下は、実際にウェル活をした時のレシートの画像です。

ウェル活の領収書

12,060円分購入したところ、実質8,040円に。なんと4,020円も値引きされています

毎月20日はTポイントカードを持ってウェルシアへGO♪が節約新常識よ~

ウェル活での注意点

ウェル活をする時に、特に気を付けるべき注意点についてもまとめました。

ウェル活での注意点
  • 期間固定ポイントはウェル活で利用できない
  • Tポイントは200ポイント以上必要
  • 現金やカード払いと併用できるが割引になるのはTポイント支払った分だけ
  • タバコなど一部対象外商品がある

期間固定ポイントかどうかは、Yahoo!JAPANのポイント通帳を見ればわかります。

Tポイントの利用ポイント内訳を確認する

以上の注意点さえ気を付ければウェルシア薬局やハックドラッグでお得にお買い物ができます。

お近くにウェルシア系列のドラッグストアがあるのなら、Tポイントに交換してウェル活をしてみましょう。

ウェル活のやり方は、以下の関連記事でさらに詳しく解説しています。

ECナビ(PeX)のポイントから現金への交換には手数料がかかる点に注意

ECナビは現金への交換手数料がかかる

ECナビ(PeX)から現金へは、10ポイント=1円で5,000ポイント(500円分)以上あれば交換することができます。

ただし、現金への交換には以下の手数料がかかります。

PeXから現金への交換手数料
銀行名手数料
楽天銀行500ポイント(50円分)
ゆうちょ銀行500ポイント(50円分)
みずほ銀行500ポイント(50円分)
ジャパンネット銀行1,000ポイント(100円分)
その他の銀行2,000ポイント(200円分)

振込先の銀行によって手数料は変わりますが、1回あたり50円~200円

ポイントサイトから現金に交換する場合は、PeXに限らずほとんどのポイントサイトで手数料がかかるため、PeXの交換レートが悪いわけではありません。

でも、ポイントサイトの中には現金への交換手数料が無料のところもあるのよね。

換金手数料無料のポイントサイト

以上の2つは現金への換金に手数料が発生しません。

手数料無料で換金できるポイントサイトを探している人は、ハピタスGetMoney!にも登録しおきましょう。

▽ハピタスの登録は公式サイトから▽

その他のおすすめポイント交換先

ECナビとPeXのポイント交換先

ECナビ(PeX)のポイント交換先は、マイル、Tポイント、現金以外にもまだまだたくさんあります。

PeXから直接交換する場合のおすすめポイント交換先は以下の3つです。

おすすめ交換先
  • Amazonギフト券:990P(99円分)⇒100円分
  • App Store & iTunes コード:4,900P(490円分)⇒500円分
  • Google Play ギフトコード:990P(99円分)⇒100円分

手数料が無料で交換することができ、さらにポイント交換レートもちょっぴり高くなります

ANAマイルやTポイントへの交換は複雑すぎて面倒という人は、以上3つへの交換先も候補に入れてみてください。

▽ECナビの登録は公式サイトから▽

ECナビのポイント交換の注意点

ECナビのポイント交換の注意点

最後に、ECナビのポイントを交換する場合の注意点についてもご紹介します。

ECナビはポイントに有効期限がある

ECナビにはポイント有効期限があるので、貯まったポイントを交換せずに放置するのは要注意です。

ECナビのポイント有効期限

獲得した月から1年経過した地点で、3ヶ月ごとに古い獲得年月のポイントから失効する

ECナビには以上のような有効期限がありますが、PeXは1年に1回ログインをすればポイントの失効はしません

ECナビで貯めたポイントの有効期限を迎えそうになったら、とりあえずPeXに交換しておきましょう。

ECナビのポイント交換上限は1カ月100,000円までと制限あり

ECナビからPeXへの交換上限は、毎月1,000,000ポイント(100,000円分)までと決まっています。

大量にポイントを交換する場合は、交換上限にも気をつけましょう。

まとめ:ECナビ(PeX)のポイントはANAマイルかTポイントへの交換がお得!

ECナビはANAマイルかTポイントへの交換がお得

以上、ECナビからPeX経由でポイントを交換する際の、お得なポイント交換先について紹介してきました。

気になるポイント交換先はありましたか?

ECナビのポイントは現金に交換するのもいいですが、『ANAマイル』や『Tポイント』に交換すればポイントの価値がさらに高まります。

お金を1円もかけずにポイントを貯めて、優雅にファーストクラスで海外旅行!

普通ではなかなか実現できないこんな夢だって、マイルに交換すれば実現可能です。

貯めたポイントをお得に交換して、今よりちょっと優雅な暮らしをしてみてはいかがでしょうか。

ECナビキャンペーン

▽ECナビの登録は公式サイトから▽

タイトルとURLをコピーしました